ロジカルシンキング|競合分析する前に重要な唯一のこと!【2020年最新版!】

どうもみなさんこんにちは!

旅するウサギ、たーやまです。

今回はまたまた

ロジカルシンキング

についてご紹介します。

わい

あれ?
こないだもせんかった?
ええ。
でも、この前よりもさらに高度で実践的な内容よ。

アウトプットできれば、あなたは
並外れたコンサルタントになれる。

ルーナ

わい

そんな内容、
記事にしたないねんけど…笑
あなた、ブログで書かなきゃ
勉強しないでしょ。

早く記事にしなさい。

ルーナ

わい

へいへ〜い…

この記事でわかること

 サービス設計の流れ

 3C分析 

 SWOT分析

わい

中小企業診断士のテキストで
みたことあるわ
知ってるでしょ?
MUPは教科書とは違うって。

ルーナ

わい

確かに…。
ダントツでわかりやすいもんな。
講師と実業家を比べたらダメよ。

ほな、いってみよ〜

ルーナ

わい

それわいのセリフや…

ロジカルシンキングの応用

ロジカルシンキングで、経営者の考え方を養う方法について学びました。

ロジカルシンキングの、より実践的な使い方をご紹介しましょう。

サービス設計の流れ

データを考えるというベースが身についたら、いよいよサービス設計の流れに移ります。

サービス設計を考える上で重要なのは、次の6つ。

  • 3C分析
  • SWOT分析
  • 4P分析
  • デプス調査
  • ペルソナ設定
  • 市場調査

また、画像ではそれぞれに番号をふっていますが、関連性が高いものどうしをまとめています。

① 〜 ③ の段階は、以下の通りです。

  1. 自社・他社分析
  2. 比較・改善の戦略
  3. 市場調査の前準備・定義

最後の「市場調査」は、「デプス調査」と「ペルソナ設定」ができればほとんど終わっているので、あえて番号はふっていません。

自社・他社分析
〜3C分析とSWOT分析〜

サービス設計は、① 〜 ③ のあとに「市場調査」の段階を踏みます。① から学んでいきましょう。

3C分析

  • Customer(顧客)
  • Company(自社)
  • Competitor(競合)

3つの頭文字「C」をとって「3C分析」と呼ばれています。

サービスを設計するには、3C分析をきちんとする必要があります。

もし、3C分析を適当にしてしまうと、どんなサービスも拡大していきません

顧客のニーズを調べずに、自分たちのやりたいことをしても、振り向いてくれる人は少ないですよね。

自社のこともわからずに事業を拡大しようとするのは、無理があります

競合のことを理解していないと、競合と同じか、劣ったサービスを展開するハメに。待ち受けるのは、価格競争です。

なので、サービス設計をする前には、3C分析を行うようにしましょう。

ただし、3C分析の中でも1番重要な「C」があります。

Company(自社)

です。

そして、Company(自社)の強みや弱みを知るためのフレームワークが

SWOT分析

になります。

SWOT分析

  • Strength(強み)
  • Weakness(弱み)
  • Opportunity(拡大可能性)
  • Threat(縮小可能性)

4つの頭文字を合わせて「SWOT分析」です。

「スターバックス東香里店」に行って、SWOT分析してみたのでシェアします。

Strength(強み)

自社がもっている強みのことです。スターバックス東香里店では、下記の強みを感じました。

ブランドがある / 季節メニューがある / クリームの増量などができる / 競合が少ない / 店内がおしゃれ / ゆったりできる / Wi-fiがある / マニュアルがしっかりしている など

特に、競合が周り少ないことは強みです。チェーン店でブランディングできているのが、「コメダ珈琲」くらいしかありませんでした。

個人店のような喫茶店は多くありましたが、おそらくブランディングはしていないでしょう。

店内の空間や、ゆったりできることを考えれば、特に問題はない範囲だといえます。

Weakness(弱み)

強みがあるということは、弱みも必ず存在します。

駅からかなり遠い / 単価が少し高い / 郊外ゆえ顧客が限定されやすい / マニュアル通りにしか動けない など

たまたま車で行ったからよかったですが、駅からかなり遠いです。なので、車があれば別ですが、客層が地元の人に限定されやすいでしょう。

また、マニュアルがしっかりしていて、ブランドもできている分、マニュアルに縛られた動きになるのもネック。

イメージが既に出来上がっているため、イメージにそぐわないことをすると、ブランド低下に繋がるからです。

Opportunity(拡大可能性)

売り上げを拡大できる可能性はないかを分析することです。

コーヒーを作る体験はできないか / おしゃれを活かして、Instagramで何かできないか / 食べ物をヘルシーにできないか / 地域ごとの食べ物を作れないか など

おしゃれな空間を体験をすでに提供していますが、さらに中学生の職業体験などで、コーヒーの作り方を体験できないかということを考えてみました。

あとは、スターバックスってインスタ映えする雰囲気がありますよね。

スターバックスの商品を、Instagram に投稿してタグ付けをしたら、抽選で割引券を進呈するサービスとか。

地域による飲み物やグッズがあるなら、食べ物も地域ごとにあったらおもしろそうですよね。

Threat(縮小可能性)

売り上げが減少してしまわないかも分析してみましょう。

個人店の台頭 / コロナウイルスの騒ぎ / 競合チェーン店の出店 など

個人店ほど柔軟に動けないので、個人店が革新的なサービスを打ち出すと、負けてしまう可能性があります。

あと、今めっちゃ過剰に騒がれていますよね。コロナウイルス

政府が3月2日から、全ての学校を臨時休校にするように要請したのは記憶に新しいことです。

まぁ、無理でしょうけど。笑

極端に騒がれているせいで、マスクは連日品切れ状態。外出しない方がいいのでは?と思う人も少なくないはずです。

あとは、競合店が出店してきたら、競合に流される可能性もあります。競合が多く出てきたら、売り上げは今よりも減少することでしょう。

以上、「スターバックス東香里店」のSWOT分析でした。

ロジカルシンキングで自社を知る

  • サービス設計は6つの流れがある
  • 3C分析は、特に自社分析が1番大切
  • 自社を知るためにSWOT分析をする

わい

スターバックスのSWOT分析、やってみて楽しかったわ。いろんな店舗でやってみよ(笑)
お疲れさま。

まだまだ ② と ③ があるわよ。

ルーナ

わい

続きはウサギでってことやな?
そうね。でもあなたはウサギだから、まだまだ学び狂ってもらうわよ♪

ルーナ

わい

なんか喜んでない?

まぁ楽しいからやるけど。笑

そのいきよ。頑張りましょう♪

じゃ、さっきの続きね。

SWOTができたら4P分析だけど、
4PのPは…

ルーナ

ということで、続きが気になる方は、ぜひ一緒にウサギクラスで学び狂っていきましょう!

また、MUPカレッジに入学してみたいと考えた方は、以下の紹介コードをご入力いただけるととても嬉しいです。

紹介コード:mup200962

記事を最後までご覧いただき、ありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です