【2020年1月8日】MUP無料LIVEで株価チャートの見方が丸わかり!②

どうもみなさんこんにちは!

まじめにテキトー、たーやまです。

今回はふたたび

株価チャートの見方

についてアウトプットします。

前回の「MUP無料ライブ」の記事にて

わい

ごめ〜ん!
文字多なるから記事分けるわな〜

ってお伝えした記事の続きです。
※こんなコテコテの関西弁は使ってません。

ちなみに今回も

めっちゃ
おもしろかった

です。

むしろ前回の内容を理解していたら、今回の方が
おもろい
と思います。

さて、前回の記事では、テレビでよく見る4つの用語と、株式チャートを見るのに必要な3つの情報を紹介しました。

覚えてますか?

テレビでよく見る4つはこれです。

  • NYダウ
  • 日経平均
  • S&P 500
  • TOPIX

株式チャートを見るのに必要な3つの情報は

  • ローソク
  • 出来高
  • 移動平均線

でしたね。

忘れちゃった〜

って人は前回記事にした『【2020年1月8日】MUP無料LIVEで株価チャートの見方が丸わかり!①』を見返してみましょう。

ではでは、前回の内容が頭に入っているていでお話させていただきます。

ほな、いってみよ〜!

買いのタイミング

中・長期的に株の勝率をあげるためには、「企業分析」、「IRの見方」、「チャート分析」がマストであることは以前の記事でもご紹介しました。

これに加えて、チャートグラフには「買いのタイミング」があります。勝率が上がる傾向もあるので、一緒にみていきましょう。

ローソクの胴体=「勢い」

市場での取引で、左の図のような陽線があったとします。この場合、右の陽線は

上がりやすい

傾向にあります。

右の車のイラストを見るとわかりやすいです。

速度が30km/hで急ブレーキをした場合と、速度が100km/hで急ブレーキをした場合では、車が完全に停まるのは100km/hの方が距離も時間もかかります。

これと同じことが株式取引にも当てはまりやすいです。なので、胴体の長さは「勢い」と捉えられます。

ローソクのヒゲ=「反動」

わい

ごめんなさい!
色つけ忘れてます!
これは陽線です!!

ヒゲを見ると、高値の長さに対して安値の長さの方が長くなって終値を迎えています。

陽線なので一時的に株価が急落しましたが、再び大きく上昇していることがわかれば、最高です。

この場合は売りたい人よりも、買いたい人圧倒的に多いので、翌日も上がる傾向があります。

下落サイン・トレンド転換サイン

上がるときもあれば、下がるときもあることが株です。今度は、下落サインについてお話ししましょう。

左の図では、陰線のヒゲが上側に長いです。

始値から一時的に急上昇して、大きく下落をしていますね。

この場合は、買いたい人よりも売りたい人の方が圧倒的に多いため、翌日は下がる可能性が高いです。

中間にある陰線は、ヒゲがなく陰線の幅が大きいです。

大陰線

と呼びます。

大陰線が出てきたら、投資家は迷いがなく株を売っている状態。なので、翌日も下落しやすいです。

トレンド転換サインも見ておきましょう。コマとも呼ばれています。

右図がトレンド転換サインですが、ヒゲも胴体もあまり長くないです。

投資家に、売ろうか買おうかという迷いが生じている状態なので、市場での取引があまりされていません。

市場での取引があまりされていないということは、取引が行われないのでローソクは小さいままです。

このため、トレンド転換サインはローソク自体が小さい特徴があります。

練習問題

それぞれの傾向について理解を深めたところで、練習問題をしてみましょう。

といっても、「上がりやすい」か「下がりやすい」かの2択なので、まじめにテキトーにやってください。

わい

わいのキャッチフレーズで遊ぶな。
新しいの考えてるねん。笑

その1

右の陰線昨日の株式取引の様子とします。

次の日の株は、上がりやすいでしょうか?
下がりやすいでしょうか?

その2

右の底値にある陰線昨日の株式取引の様子とします。

次の日の株は、上がりやすいでしょうか?
下がりやすいでしょうか?

解説

では先ほどの問題に対する答えと解説をします。

もしわからなかったら、記事内をみていただければ
理解できるので、復習してください。

その1

それでは一緒に見ていきましょう。

前日の大陰線ではなく、2日前の下落サインから見ていきます。

下落サイン・トレンド転換サインでお話ししましたが、一時的に急上昇しているもののその後に大きく
下落している状態。

そして前日では、大陰線があります。これは、投資家の迷いがなく株を売っている状態でしたね。

この2つの指標から考えると、翌日も下落しやすい傾向があります。なので翌日は、下がりやすいです。

その2

実は「その1」の図とほぼ一緒ですが、今度は底値まで落ちて、トレンド転換サインが出ています。

この場合は、結論から言うと上がりやすいです。

トレンド転換サインは、投資家に迷いが生じている状態でした。

株価が底値まで落ちているのに、投資家は売るか買うか迷っている状態です。

迷っているということは、株価が上がる可能性があると投資家は考えています。

新規事業をするとか、買収に成功したパターンですね。

この場合は、移動平均線や出来高なども考慮する必要がありますが、株価は上がりやすいです。

株にもコツはある!

今回は、株式チャートの見方の続きを、MUP無料ライブを通じてご紹介しました。

移動平均線や、出来高については「ウサギライブ」でご紹介するとのことです。

でも、Instagramにタグつけをするだけでこんな有益な情報が手に入るのって

やばいですよね。

しかもそれだけじゃないです。

わい

株、おもろそう!

って興味が出てくることが凄くないですか?

他のサイトを見ても、こんなにわかりやすく教えてるところなかったです(笑)

これからも学んだことを、ブログでアウトプットしていきます。

もしMUPに興味が出たら、まずは「ゾウさんクラス」に入ってみたらいいですよ。

わい

無料やし、悪質な勧誘とかもあれへんし。

ただ、今は毎週水曜日にInstagramでLIVE放送していますが、2月からは月に2回の放送になります。

ウサギクラスの動画は毎週もらえます。

わい

マジ成長したいとか、上昇志向ある人は早よウサギクラス入った方がええと思うで(笑)
わし3ヶ月の差でも後悔してるもん

もちろん無理強いはしませんが、わたしはこう思います。

わたしマジで
後悔してるので(笑)

株式取引だけでなく、プレゼンスキル、マーケティングスキル、継続するスキル、財務諸表の読み方、本格的な事業計画書の作成など、あらゆることを教えてくれます。

それがMUP

費用的には8,980円 / 月ですが、めちゃめちゃ学べるので超おすすめです。

ちなみにウサギクラスも悪質な勧誘はないし、仮に退会したかったら即できます。

ゾウさんクラスで学んで、もっと学びたくなったらウサギクラスに入るべきでしょう。

まぁデメリットをあげるとしたら、毎週もらえる動画が「早く欲しい」って思うのと、自分から学ばないと入った意味がないことくらいですね(笑)

もし入りたくなったら、以下の紹介コードをご入力お願いします。

紹介コード:taryama917

ぜひウサギクラスに入って、一緒にガンガン学んでいきましょう!

詳細が気になったあなたのために、リンクを貼っておきますね。

では最後まで記事をご覧いただき、ありがとうございました!

何か少しでもタメになったら、拡散でもコメントでも、なんでもしちゃってくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です