【2019年12月18日】MUP無料LIVEで学習した方法で学ぶスピードを3倍に!

どうもみなさんこんにちは。

まじめにテキトー、たーやまです。

本日は、12月18日(水)に開催された

MUP 無料ライブ

についての記事です。

MUPについてわからない人は以下の記事を
ご参照ください。

今回のMUPライブでは

学び方の学び方

について学習しました。

キーワードはこの5つです。

  • エビングハウス
  • CREC(PREP)法
  • VUCAの時代
  • PDCAサイクル
  • OODAループ

社会人になると

勉強とか全然しなくなったな…

って思いませんか?

そもそも

何を学んだらいいのかがわからない

という人も多いと思います

MUP無料ライブを通してインプットしたことを、
この記事でアウトプット
します。

記事を見てくれた人が「学ぶことの重要性」
ついて気づき、理想としては何か1つでも行動
してみよう
と思っていただけたら嬉しいです。

では、いってみよ〜

社会人は学べない?

正直言いますと、学ぶ時間くらい作ろうと思えば
いくらでも作れる
と思います。

そもそも社会人になって勉強しなくなったのは
なぜでしょうか?

  • 時間がない
  • お金がない
  • 何を勉強したらいいかわからない

上記のように思っている人が多いと思います。

1つ1つ分解してみましょう。

時間がない

嘘つけ。

あるやろ10分くらい

例えば、勤務時間が9:00 18:00として、
休憩が1時間あったとします。

あなたは京阪電車の枚方市駅から徒歩7分のところに住んでいるとします。

仕事場は、淀屋橋駅にあるオフィス街
特急1本で30分くらいで到着できます。

休憩時間以外は、仕事のことだけを専念する
とします。

この条件だけで、
あなたの自由時間は2時間もあります。

さらに、ちゃんと定時で終われる会社であれば、
ここから+αの時間があります。

では問題です。

本当に時間は
ありませんか?

  • いや、見たいテレビがあるから
  • そんなん疲れてできへんわ

こう考えるのであれば、もちろんそれも1つの意見
ですので、無理強いはしません。

そっと戻るボタンをタップしていただけたら
と思います。

少しでも現状を変えたいのであれば、隙間時間を有効に使うなり、朝10分でも早く起きるなり工夫を凝らしましょう。

また、勤務時間が長すぎる人

退職

した方が良いです(笑)

マジで。

転職先くらい腐るほどあります。

わたしは新卒で勤めた会社を1ヶ月で退職しましたが、転職活動1ヶ月以内で4社内定をもらった経験があります。

そのストーリーは、いずれ記事にする予定です。

お金がない

お金はねぇ〜深刻な悩みですよね。

わたしも実際お金ないです(笑)

ただ、最近はYoutubeで学んだり、ブログの記事や
インスタのライブで学べたり
できるので、学ぶこと
自体のハードルは低くなっています。

あとは固定費の削減をして支出を抑えたり、コンビニではなくスーパーなどで買い物したりなど、支出を
抑える方法もいくつかあります。

まずは自分のお金がどこに出て行っているのかを
把握して行動する
のが良いかと思います。

何を学んだらいいん?

自分の興味があることや、やりたいと思っていることを勉強するのが1番良いとわたしは思います。

自分がやりたいと思っていることって、没頭しやすいからです。

学んだことをブログで書いてみたり、発信してアウトプットしたりすると、多くの新しい発見ができます。

趣味や興味がなく、何も学ぶことがわからない人は、今回のライブでは

マーケティング

を学べばいいと言ってました。

事業計画、商品企画、市場調査、価格設定、営業、
広告、PR、ブランディング、投資管理、改善、顧客管理、分析の全てのプロセスでマーケティングが必要で、ビジネスはマーケティングなしではやっていけません。

引用元;12 / 18(水) MUP 無料LIVE

実績をだしている竹花さんが言うなら、
信憑性も高いです。

マーケティングの勉強方法については、
MUPで学べます。

まぁ学べるのはマーケティングだけじゃ
ないんですけどね(笑)

学び方の学び方

この章では、どうやって学ぶかを学ぶ方法について
ご説明いたします。

平たくいうと「復習」の方法をお伝えします。

脳に定着させて、いつでも実践できるように
しましょう。

エビングハウスの忘却曲線

エビングハウスの忘却曲線は、
聞いたことがあるかもしれません。

誤解されがちですが、この曲線は
20分後には42%1日後には74%
記憶を忘れている…

というもの
ではないです!

復習するときの節約率が、
20分後は58%、 1日後には26%
という意味
です。

つまり、2回目に復習するときの時間
20分後なら1回目に覚えた時間の42%かかり、
1日後なら1回目に覚えた時間の74%かかる
ことを意味します。

なので、習ったことの復習は

早いうち

にしておきましょう。

ちなみに応用すると受験勉強で絶大な効果
発揮できました。

わたしは忘却曲線を参考にして、
英語の偏差値を 3563 に底上げした経験
あります。

わたしの方法を友人数名に実験したら、
何とみんな成績が上がりました。

中には、わたしよりも成績を上げた人もいます。

ぜひ参考にしてみてください。

復習のやり方

復習のやり方についてもご紹介いたします。

たった3つ

だけです。

3つのことをするだけで、あなたの記憶は定着
されやすく
なります。

それは

  1. 要約する(ブログやSNS)
  2. 誰かに話す(朝会・カフェ・勉強会)
  3. 仕事でとにかく使う(図式化)

これだけです。

MUPの無料ライブでは説明されていませんでしたが、復習はいつ行えばいいのかをわたしなりに
考えました。

まず学んだことをその日中か翌日
軽く要約
します。

次に学んだ週に1回誰かに話したり
勉強会をしたり
する。

最後に学んだ週から仕事に応用
しましょう。

これだけ復習したら、
そうそう忘れにくいと思います。

しかも形になって残っているので、
仮に忘れたとしても見返すことができます。

アウトプットにはCREC法

CREC法(PREP法)をご存知でしょうか。

アウトプットするときは、このルールに従って行うと良いです。

CREC法を行うことで、自分はアウトプットを、
相手はインプットをしっかりできます。

CRECは、以下の4つの略称です。

  • C = Conclusion(結論)
  • R = Reason(理由)
  • E = Example(例)
  • C = Conclusion(結論)

例にしてみるとこんな感じです。

Conclusion(結論)

ブログを始める方がいい。

Reason(理由)

趣味感覚で楽しくできるし、それが収益に繋がる可能性があるからです。

Example(例)

身近な例えで言うと、プロブロガーのヒトデさんは趣味感覚でブログを楽しんで、今ではブログだけで生計を立てるくらい稼げています。

誰でもブログで収入を得るチャンスがあります。

Conclusion(結論)

やはり、ブログを始める方がいいです。

話し方・書き方でCRECを意識していると、
自分はアウトプットを、
相手はインプットを
しっかりできます。

学ばなあかん時代

AIや外国人労働者、年金問題、リストラ時代…

つい10年前に、こんなことは誰が予想できた
でしょうか。

こんな変化の激しい時代に、何も学ばないのは
もはや自殺行為
です。

なんで学ばないといけないのか、その背景と
時代の流れ、新しい学び方についてご紹介します。

VUCAの激しい時代

前置きにもチラッとお話しましたが、
現在は変化の激しい時代です。

「VUCAの時代」と称されています。

「VUCA」というのは、以下の4つのことです。

  • V = Volatility(変動性)
  • U = Uncertainly(不確実性)
  • C = Complication(複雑性)
  • A = Ambiguity(曖昧性)

それぞれを例にしてみてみましょう。

Volatility(変動性)

大体の人が持っているスマートフォン。

簡単にネットに接続できたり、会計をできたり、
メールよりも簡単にメッセージを送れたりしています。

つい15年前にこんな世界が想像できたでしょうか?

アプリで料理を注文して、それが何分にどこに着くかなんて、想像できたでしょうか?

他にも例はありますが、こんなにも変動している時代に対応できないと、取り残されます。

リストラの対象になりやすくなるでしょう。

Uncertainly(不確実性)

今の会社にずっと勤める保証はありますか?

というか、会社がずっと続いている保証は
ありますか?

会社にずっといたとしても、あなたが健康でいれる
保証はありますか?

ありません

ね。笑

他にも、日本は災害大国です。

今年2019年に、甚大な被害を出した台風19号は記憶に新しいことだと思います。

去年には、珍しく大阪府で最大震度6弱
観測しました。

わたしは出勤前で、めっちゃめちゃ怖かった
のを覚えております。

なんかこれだけ聞いてたら
ねずみ講の話みたいやなwww

ねずみ講ではないのでご安心くださいねw

こんなイレギュラーなことばかり起きる時代です。

これらにも対応できるようにしなければなりません。

Complication(複雑性)

すでに日本もグローバル化の波に乗っています。

グローバル化が進み、多種多様な人が日本に訪れる
ようになりました。

ここ数年でコンビニ店員に外国人が多くなってきていると思わないですか?

しかも単純作業だけでなく、経営層にも外国人が参画するような時代です。

外国人がどんどん日本に入ってくると、考え方や文化的背景などが日本とは全く異なるため、必然的に複雑になります。

この複雑性に対応できないと、時代に取り残されていくでしょう。

Ambiguity(曖昧性)

たった15年でめまぐるしく変化している社会です。

先の未来なんて読めない、曖昧な時代にも関わらず「一生安定」だなんて思うことはもはやナンセンス。

さまざまなことを学び続けて、過去のルールに縛られずに生きていかなければなりません。

時代の流れ

今の時代は昔のように物が足りない時代では
ないです。

溢れかえってます。

昔のようにものを作ったらいくらでも売れるという
ビジネスモデル
では通用しないパターンが多いです。

例えば、家電量販店に行ってみたら

電化製品の
オンパレード

です。

コンビニで話題になっている

廃棄問題。

いらないものは廃棄として捨てられ、その量が
多すぎると話題になっています。

ここからみてもわかると思いますが

今はものが溢れる時代です。

そんな時代ではものを作るよりも、溢れている中で
起こる問題を解決すること
がビジネスモデルになって
ます。

さまざまに溢れかえっているものを、しっかり観察
して、課題を見つけて、行動してくこと
が大切です。

PDCAを進化させる

PDCAサイクルはみなさんも周知なほど
有名
でしょう。

  • Plan(計画)
  • Do(実行)
  • Check(評価)
  • Act(改善)

この工程を繰り返すことによって、業務であったり、自分自身を向上していくというものです。

常に安定している環境において、これらの工程を全て行うことができれば、数日後…数ヶ月後には大きな変化が起きていることでしょう。

ですが、決定的な弱点があります。

この工程自体が…

遅すぎる

んです。

VUCAの時代でもお伝えしましたが、現在は激動の
時代です。

15年前にはスマートフォンはありません

アメリカ大統領選挙では、世界中でヒラリー・クリントンが勝利すると思っていたのが、まさかのドナルド・トランプが勝利しました。

今年(2019年)の超大型台風によって、神奈川県は予想だにしない被害を被ったのは記憶に新しいこと
です。

こういった予測不能のことが起こった場合、PDCA
サイクルだけでは対応ができません

さらに、これらを回していったとしても

人の感情的な要素

も考える必要があります。

例えばですが

PDCAサイクルを回そうとしても、途中で目標を変えたり、Plan(計画)段階を変えようと思ったりした場合、PDCA自体を考え直さなければいけません。

めんどくさい

ですね(笑)

今こそPDCAサイクルを進化させるときがきた
のです。

「かみなりのいし」を嫌がるピカチュウ
(=サトシのピカチュウ)のようにはいきません。

OODAループ

PDCAサイクルの進化系…

それが

OODAループ

です。

「OODA」「ウーダ」と読みます。

OODAループは、以下の4つで構成されています。

  • O = Observe(観察)
  • O = Orient(状況判断)
  • D = Decide(決断)
  • A = Act(行動)

それぞれの役割をみていきましょう。

Observe(観察)

Observe(観察)とは、今この瞬間で起きている(起きた)ものごとの周辺の環境・状況を把握する
こと
です。

わたしで例を出してみると

最近わたしの家の近くに、新しいコンビニがオープンしました。

セブンイレブン(以降セブと言います)です。

家の近辺にセブができるのは3店舗目。

どの店舗も歩いていけます。

品数で言うと1番近い店舗は1番少なく最近できたところはそこそこで、1番遠いところが1番多いことがわかりました。

3つの店舗にフライヤー、セブンカフェ、冷蔵のカフェラテは販売されています。

最近できたところ1番遠いところには、わたしが
好きな冷凍食品の坦々麺
が売っていました。

また、わたしの家から1番近い距離にあるコンビニはファミリーマート(以降ファミマと言います)です。

こんな感じで、新しいセブができたことを
例にしました。

なんかSPIの
問題みたいやな。

起きている(起きた)物事に対して状況を把握する
こと
が、Observe(観察)です。

Orient(状況判断)

Observe(観察)によって手に入れた情報を理解・分析し、方向性を定めるステップ。

それがOrient(状況判断)です。

先ほどの例を元にして考えるならば

あ〜もう昼かいな早いわぁ〜。

飯やな。

定食屋は時間がかかるし、パパッと済ませれるコンビニがええわ。

ファミマも近いけど、セブの坦々麺の方が
美味いねん。

あ〜坦々麺とカフェラテ欲しなってきたわ。

せやけど店舗3つあるでな…最近できたところは
2つともあったはずや。

最近できたところに行くか…どうするか。

いきなり関西弁になったことは置いといて、情報の理解と分析をして方向性を定めるのがOrient(状況判断)です。

Decide(決断する)

前段階までのステップを踏んだら、今度は行動するべきことを決めるステップに入ります。

Decide(決断する)です。

複数のパターンが考えられるかも知れませんが、その中でも自分にとって最良の選択肢を決める必要性があります。

具体的には

  • 買いにいきますか。
  • ん〜やっぱやめとこ。
  • セブ行く前にファミマよってみてもええな。
  • 何とか家にあるものを絞り出そう。

など色々です。

今回は「買いにいこか」を選択したことに
しましょう。

行動することを決めるステップをDecide(決断する)と言います。

Act(行動)

3つのステップを踏んだあとは、Act(行動)をするだけです。

今回の例では「2つ目の店舗に買いに行く」になります。

仮に2つ目の店舗で商品が売り切れていた場合は、
またObserve(観察)に戻ってループしていけば
良い
です。

ループが成功した場合でも、次のループを回すと良いです。

あくまで今回は、昼ごはんをセブで済ませようとしたときの「OODAループ」なので、ご自身の状況に照らし合わせてループしていくと良いでしょう。

マーケティング、仕事、就活、受験など、あらゆる面で効力を発揮してくれます。

実践してみよう

以上が、MUP無料ライブで放送された「学び方の学び方」についてです。

記事内ではライブの一部をご紹介しました。

これだけ濃い内容を提供してくれるのが

MUPカレッジ

です。

気になった人は、無料クラス(ゾウさんクラス)に入って、内容を確認してみると良いです。

MUPが気に入った方は「ウサギさんクラス」への入会も検討してみると良いでしょう。

わたしもさっさとウサギさんクラスへ入りたいです。

追記:
12/25の深夜に入会しました!
早速 Week 1 を聞いてウズウズしています。

紹介コード:mup200962 を入力して、一緒に
ウサギさんクラスで学び狂いましょう!


ゾウさんクラスでもウサギさんクラスでも、鬱陶しい勧誘は一切ありません。

嫌になったら簡単に解約することもできますので、
ご安心ください。

当ブログで学んだことを実際に行動に移してみたり、有益な情報を知れたと思っていただけたら嬉しい限りです。

最後までご覧いただきまして、ありがとうございました!

ぜひぜひ鬼拡散していただけたら嬉しいです。

1 COMMENT

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です